スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
バリ島旅行記(4)
早いものでもうバリ島最終日。
最後だしのんびり過ごそうかな、というのは前夜から思っていたので、
朝も少し遅めに起きて、お昼前ぐらいにようやく宿を出発、
アイスを頬張りながらクタの通りを闊歩。
大通り沿いに雑貨やら布地やらのホールセラー(卸問屋みたいな感じ?)のショップがあったので物色してみる。
既におおかたおみやげもそろってしまっていたのが悔やまれる激安ぶり。がーん。
せっかくだから自分用の小物なんぞをちょこちょこ買い増してみた。
200602031456.jpg

<クッションカバー&ipod入れ>

そうこうしているうちに通りのはずれまで来たので、宿の方面に引き返しつつ、今度はビーチ沿いを歩いてみたり。
バリ島といえば何よりまずビーチ!って人もいるくらい大きな見所のひとつなわけですが、一人旅ってのもあってかどうも縁遠くて、最終日にしてようやく。
クタ・ビーチはむしろサーフィン客がメインな感じで、あんまり綺麗ではないが。
とはいえそろそろ日も傾いて来る頃合いにビール片手に黄昏れてみたりするには悪くねえな、などど思いつつ。
IMGP1244.jpg


するといつのまにやら近づいて来たテキ屋(?)のお兄さんが、
「ヒトリデサミシクナイノ?カワイイ娘イッパイイルヨ、ドウ?」
まだ昼間だってのにまったく大きなお世話だよホントに(笑)
しかし日本人が街中を一人歩きしてると客引きやら物売りやらのお兄さんお姉さんがほとんどひっきりなしに声を掛けて来て若干辟易するわけだが。
時折唐突に「OK牧場!」とか「こんばんみー!」とか言ってくる人もいるのにはびっくり。だいぶ笑えた。

さて、そろそろいい時間になってきたので宿に戻りつつ、少し早めの夕食なのか、遅めの昼食なのか、とにかく最後の食事。
滞在中、ガムラン公演を観に行ってウブドで夕食も済ませて来た三日目以外はずっと通いつめていた「ワルン・ジョグジャ」という店へ。
そこはちょっと海の家風の家族経営の大衆食堂みたいなところで。
中華やイタリアン、はたまた日本食のお店なんぞも近くに色々あったけれど、
せっかくバリ島に来てるんだしインドネシアの郷土料理を堪能したいよなあ。辛いもん好きだし。と思っていたので、
宿から角一つ曲がったすぐそばにあり、ガイドブックでもお薦めされてたこの店に初日から行ったのでした。
ナシゴレンにミーゴレン(焼きビーフン?)、カリ・アヤム(チキンカレー。あんまし激辛では無い)、ナシチャンプル(惣菜4~5品が白米のうえに乗っかった定食みたいなもの)などなどどれもとても美味しく、なおかつ激安。どれも一皿だいたい日本円にして150円くらい。
真夏の暑さの中でのそうした基本的に辛い料理達と、良く冷えたビンタンビアー(現地シェアNo.1銘柄)の組み合わせはなんとも素晴らしいものでしたよ。
しかもウェイトレスの娘さんも料理を作ってる女主人もなんだかとても感じの良い人達で。
クタの街の喧噪の中、ここでは旅先での人情の暖かみみたいなものをすごく感じる事が出来ましたとも。
どうもお世話になりました。ごちそうさまm(_ _)m

そして荷物をまとめてツアーガイドさんの迎えを待って、宿のチェックアウト。
飛行機の搭乗時間まではまだまだ時間があったので、空港近くの大型免税店にて暇つぶし再び。
現地通貨のルピアを使い切るべく、お酒やらお菓子やらの生もの系のお土産をいくつか買って、いざ空港へ。さらばバリ島!

飛行機が出発したのは夜11時過ぎぐらいでいわゆる機内泊というやつを一晩。
翌日午前中にはもう日本へ着くわけで。
そこでこの旅一番のトラブル的なものが待ち受けているとは知る由もなく(笑)、
いつの間にやら眠ってしまいましたとさ。

いやしかしホントに楽しかったですとも。機会があればぜひまた行きたいですな。
ある程度勝手が分かった事だし今度はもっと2週間とか一ヶ月とか長期でのんびり過ごしたいなあ、なんて。
もはやすっかり病み付き?

スポンサーサイト
【2006/01/27 00:00】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ただいまー。 | ホーム | バリ島旅行記(3)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kzszk.blog46.fc2.com/tb.php/13-b5f20e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
銀河のはてから


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kzszk

Author:kzszk
ベース@コロモネ&nam
昼間の顔は弁理士。ようやく。
もはやタイトルは何の脈絡も無い今日この頃。

最近の記事

過去の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。