スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
勿来(なこそ)
20060215010011
茨城県最北端、福島との県境ギリギリのあたりの駅名。
しかしなかなかのインパクトだよなあ。来るなかれ!って。。。

今日はそんな所まで帰省のついでに、と言うにはかなり無理のある小旅行をして参りました。
なんせ実家~都内よりもだんぜん大がかりだからね。
日帰りで戻ってくるにはかなりカツカツでしたとも。
なんでまたそんな強行軍をやらかしたかと言えば、
そこから程近く、岡倉天心が晩年を過ごした五浦海岸・六角堂にちなんだ美術館にて、
敬愛する日本画家、川端龍子の回顧展が今週末までだったから。

200602142315.jpg


いやはや素晴らしかったですとも。
伝統的障壁画の系譜みたいなところはきっちり引き継ぎつつ、
水飛沫やら火の粉、苔の蒸した岩の描写なんぞは抽象絵画顔負けなアバンギャルド加減。
たっぷり堪能しました。てゆーかほとんど美術館だけで時間切れでしたとも。

美術は自分でやる方はからっきしですけど、観るのはわりと昔から好きなんですよね。こう見えて(?)
ごくフツーに西洋美術から入ったクチですが、めっきり日本美術・仏教美術に方向転換したのはいつからだろう?

と考えてみると、父親を亡くしたのはやはり大きな転機になったような。精神的に。
こんな事をふと思ったのは、父親の還暦祝いの時にもここへ旅行に来たからに他ならず。
当時は堂々と温泉に入れなくなったばかりで、つい最近に負けず劣らずひどい鬱だったなあ、そーいえば。
もう五年も前の話で愕然としたけれど、どーやら躁鬱サイクルというのは明らかに周期的なものらしく。
だとすればそろそろ上向いていくように頑張らねば。。。

などと、またひとつ歳を取ったのに乗じてえらく感傷的になってみた。
まったくもって単なる酔っ払いの戯言。
スポンサーサイト
【2006/02/14 23:50】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<異常気象 | ホーム | ジャンキー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kzszk.blog46.fc2.com/tb.php/19-0ba85d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
銀河のはてから


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kzszk

Author:kzszk
ベース@コロモネ&nam
昼間の顔は弁理士。ようやく。
もはやタイトルは何の脈絡も無い今日この頃。

最近の記事

過去の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。