スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
バリ島旅行記(1)
前日夕方にはバリ島に到着して宿にチェックインを済ませ、
夕食がてら軽く近辺を散策しただけで早めに就寝。
というのも明けて二日目のこの日はなんと4時起きをせねばならなかったので。
今回の旅はバリ島旅行と言いつつ、
実は日帰りでお隣のジャワ島へ足を伸ばすオプションを付けてまして。
それをまだバリをろくに観光してない二日目に持ってくるのもどうかと思うが。
結果的にこの日は非常に天気が良く、ほとんど雨にも降られなかったので大正解。
なんせ今インドネシアは雨期真っ盛りで、真夏のカンカン照りの中時折もの凄い時雨がやって来る毎日でしたよ。

そんなわけで早起きして国内線でジャワ島の古都ジョグジャカルタへとひとっ飛び、
ガイドさんに出迎えられてまず最初に訪れたのが世界遺産の仏教遺跡、ボロブドゥール。

IMGP1155.jpg


今回いろいろとお寺やら石像やら見て回ったけれど、
唯一ここだけが仏教で、あとは全部ヒンズー教だったもので。
初めてじかに接するヒンズー教のシヴァやらガネーシャやらはそりゃもちろん新鮮ではあり、舞い上がりもしたけれど。
やはり仏教好きとしてはここの観光はこの日の、ひいてはこの旅全体のひとつのヤマ場、
ぐらいの位置づけで。
とりわけ壁一面に彫られた釈迦の生涯を綴った絵巻物風(?)のレリーフは圧巻でしたとも。

IMGP1162.jpg


これぞ早起きは三文の得と言わんばかりに午前中にはボロブドゥールを見終え、
食事をしたり、バティック染めやら銀細工やらの伝統工芸の工房を見学したりしながらこまごまと移動して、昼下がりにはジャワ島もう一つの世界遺産、ブランバナン寺院群へ。
寺院「群」というだけあってもともとは百個もの建造物が立ち並んでいたものらしく、
現時点では主だったいくつかの建物だけが修復された状態で、まだまだ修復が続くそうな。
ブランバナンにしろボロブドゥールにしろ、建立後数百年もジャングルの中に埋もれて忘れ去られていたのが、近代になって廃墟となった状態で発見され、急速に修復されて今に至っているというのは素晴らしく神秘的であり、また空恐ろしくもあるような。
まさしく諸行無常。

そんなこんなでジョグジャカルタ観光を終え、空港でバリへの飛行機を待つ頃になると徐々に雨足が。
後で聞いたところでは、もう少し帰りが遅かったら豪雨で飛行機が欠航になってジョグジャカルタに一泊する羽目になってたらしい。危なかったー。

スポンサーサイト
【2006/01/24 00:00】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<バリ島旅行記(2) | ホーム | 出発>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kzszk.blog46.fc2.com/tb.php/8-6601837b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
銀河のはてから


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kzszk

Author:kzszk
ベース@コロモネ&nam
昼間の顔は弁理士。ようやく。
もはやタイトルは何の脈絡も無い今日この頃。

最近の記事

過去の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。