スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
バリ島旅行記(2)
三日目。
前夜からの断続的な豪雨が午前中もまだあがらずで。
ちょうど午前中は自由行動だったので、ぶらぶら買い物でもしようかなと思っていたのだが。
あてもなくのんびり歩くのは無理があったので、タクシーを拾って大型免税店とやらに行ってみた。
その中のおみやげ用民芸品コーナーを物色するのはヒマつぶしにはもってこいで。
昼時になって宿に戻る頃にはすっかり天気も回復。よかったよかった!

そして午後からはガイドさんに連れられて車で一時間程のウブドの村へ。
そこは美術館やらギャラリーやらがあちこちに点在して、ガムランやら伝統舞踊やらの公演も毎晩至る所で行なわれる「芸術の村」だそうで。
宿のあるクタの町はビーチに激近でリゾート気分かつ繁華街な感じの町なので、
今にして思えばもうちょっと頑張ってウブドで宿を取った方がもっともっと満喫出来たのだろうけど。
ああ無念、格安ツアーの哀しさよ。。。

それにしても、ひとくちにバリ島旅行と言っても俺みたく伝統芸能・工芸やら遺跡やらにどっぷりな人もいれば、マリンスポーツ三昧の人、高級リゾート&エステで癒しの旅な人などなど、本当に色んな目的で来てる人がいるわけで。
行き帰りの飛行機でも、同じ日本人でもなんかあからさまに別の系統みたいのが数種類入り交じってるのが見て取れる感じで、価値観の違いというのは面白いですなあ。
そういう多面的な懐の深さも含めてバリ島の魅力なのかも知れませんな。

なんだか話が脱線したけれど、ウブドに入ってまずは村の小さなヒンズー寺院を参拝した後、美術館へ。
バリ美術の最もメジャーな様式である、村の宗教儀礼などの情景を参加者ひとりひとりの様子までこまごまと描写して画面を埋め尽くすバトゥアンスタイルと呼ばれる細密画を中心に、近現代の絵画や、バティック染めやらイカット織りやらのテキスタイルの展示もあって、たっぷり堪能致しましたとも。
バトゥアンスタイルの絵画はどことなくキュビズムを彷彿とさせる感じで、きっとどこかで影響関係があるんだろうな、と思ってみたり。
とはいえ一番惹き付けられたのはアンティークのイカット織りですかね。素朴な機織りであんなんがよくもまあ織れるもんだ。
とか言って写真が無いのでなんのことやらさっぱりですね。失礼しましたm(_ _)m
美術館でバイトとかしてる癖(?)で、”No Photograh"とか張り紙してある中で堂々と写真取る度胸はございませんでしたとも。

さて美術館を見終えて、小洒落たレストランでテラスを眺めつつ少し早めの夕食(笑)の頃には日も暮れてきて、いよいよガムラン公演を観にまた別の寺院へ。
普通ガムランと言えば青銅の鉄琴を中心としたアンサンブルでの演奏なわけですが、ここで観たのは竹で作られた木琴を代用したジェゴグと言うちょっと特殊なスタイルの編成のやつでした。

IMGP1209.jpg


いやーもうただただ圧巻でしたよ。基本的に単純なループの組み合わせなんだろうけどまったく飽きない。うねりに引き込まれる感じ?
しかも演奏してる人々の楽しそうな様子といったら。
演奏に合わせて煌びやかな衣裳を着た踊り子が舞を舞っていて、それはそれでもちろん見惚れるわけですが。
それに負けず劣らず、演奏する身振り自体も素晴らしく舞踊的で。
まさにリズムの総合芸術といった感じ。

翌日のガムランレッスンにますます期待を膨らませつつ、とても上機嫌で宿まで戻ってこの日は終了。


スポンサーサイト
【2006/01/25 00:00】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<バリ島旅行記(3) | ホーム | バリ島旅行記(1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kzszk.blog46.fc2.com/tb.php/9-c8a2aca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
銀河のはてから


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kzszk

Author:kzszk
ベース@コロモネ&nam
昼間の顔は弁理士。ようやく。
もはやタイトルは何の脈絡も無い今日この頃。

最近の記事

過去の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。